読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USJよりも走れ!


今日はUSJに行きました。

雨の中ずぶ濡れになりながらもそれなりに楽しみました。



ずぶ濡れで、汗もかいていたんで、帰り夜行バスが来るまでにシャトルバスを使って近くの温泉に行ってきました。うきうきと。






あー温泉っていいなあ。温まるしさっぱりするし。





とか思いながら湯を出て、帰りのシャトルバスに乗りました。





そして、バス出発間際に運転手が言った「行き先はなんちゃらー」との言葉に理解できないでいる僕たち。







...ぽかーん。







ん??USJ行かないの??え??






あのーこれってUSJ通りますよね...?って友人S。






USJ行くのはこの後のバスですよ。と運転手。









おぉおいっ!次のシャトルバス待ってたら夜行バス間に合わねーよ!!





降りますってバス降りて即タクシー会社にいくつか電話したんだけど、近くに空きのタクシーがないっ!!







......ないっ!!







ああ!もう!








......もうっ!








考えてる時間なかったから、温泉からUSJまで走ることにしました。







もう全速力!!雨に打たれ、汗を流しながらwww

温泉入りに行った意味はなにwwwなんだよwwなんの為に行ったんだよw










もう、バスに遅れる!遅れるぅって叫びながら走り続ける友人目指してハアハア言いながら走ったよ!!

Tシャツを買って着替えた意味を、靴下を替えた意味を考えながら必死の形相で走ったよ!

昨日も全速力で今日も全速力で走ってるよ!






まあ体力がないので、置いてかれましたけど。






そして、バス停に着いた瞬間、滝のように流れる汗ww







ギャッツビーギャッツビー。ギャッツビーは銀河を救う!









そして夜行バスに乗って他に誰も乗客いないとわかった瞬間、半裸になる僕たち。




そう、もう僕たちは自由なのだ!

靴紐のように縛られることはなく、規則もモラルもない。そうそれは宇宙!スペース!銀河!今日も煌めくキラ!









半裸!はんら!はんだ!うぇい!僕らはフリーダム!踊ろうぜ!












そして運転手に、他のお客が乗るから服を着ろ!と怒られ静まる僕ら。





 





そう、すべてこの出来事に持っていかれた。僕らが築き上げたUSJメモリアルは薄れ、この出来事が僕らの記憶に強く残った。










ああもう!







最悪ww






楽しかったけどww






腑に落ちない終わりww