読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆらゆら



電車に揺られている。






ゆらゆら






特に書くこともないのに書く自分を褒めたたえたい。ひゅー。ぱちぱち。ぱんっぱんっ








今喉乾いている。








なぜのどが渇くのだろう。








水分が足らないと身体が信号を発信している。






それでなぜ喉が乾くんだろう。








体内が干からびるの方がわかる気がする。










電車の中を見渡すと腕を組んで寝てる人、こめかみを押さえて厨二ぶってる人、



音楽を聴いている人、スマホをいじってる人、





どこかを見つめてる人、本を読んでいる人、









色んなことをしている人がいる。

暇の使い方がわかる気がする。






僕も前は電車用にアンチョコ作って勉強したり、小説読んだり、脳トレしたりしていた。







今は音楽を聴いてボーとしたり、スマホを弄ったりするだけ。









また四六時中音楽を聞いている気がする。











依存。遺存。いぞん。










話が90°変わるけれど、やっぱり人に秘密めいたことを言うのは、よした方がいいと思う。








何が起きるかわからない。何かが起こった時、自分で対処出来なくなっていることもある。











ただ、互いにリスクを背負うのなら信用できると思う。













そこからは人ですね。











隠し事をするのはよくない?










いいえ。自分を守るためにするのですよ。













ただ、打ち明けられる信用できる人がいるなら、その人にも守ってもらえます。








心強いですね。











心を強く。










どくん










どくどくどくどくどく











ど...く、ん











今、隣で電話している人がいるんだけれど、そういえば僕も電車の中で思いっきり電話していたことがあったな、と思い出しました。






下ネタも言っていた気がします。








不愉快だったろうな。


















はんせい。